So-net無料ブログ作成
検索選択

ASKA覚せい剤所持容疑で逮捕!尿から陽性反応!!

飛鳥.jpg

男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)と、

知人の女性が17日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕された。




逮捕容疑は4月6日ごろと同12日ごろ、

東京都港区のマンションの室内で、少量の覚せい剤を所持した疑い。

両容疑者とも容疑を否認している、が、

その後の尿検査で、覚せい剤、合成麻薬MDMAの陽性反応が出た。

同庁は覚せい剤を使った疑いもあるとみて調べる



同庁によるとASKA容疑者の自宅など数か所を家宅捜索したところ、

自宅から十数回分の使用量にあたる粉末が押収され、簡易鑑定で覚醒剤の陽性反応が出た。

また、数種類の違法薬物とみられるものや、薬物の使用器具も見つかったといい、

日頃から常習していたとみられる。








飛鳥2.jpg

昨年夏、一部週刊誌で覚せい剤などの薬物使用と暴力団組員との“黒い交際”が報じられ、

所属事務所は公式サイトで

「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。

弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします」と反論。



ASKA容疑者も同9月に公式サイトで

「記事にあるような、違法なことは一切やっていません。事実無根」と全面否定。

「この悔しさは、音楽で取り払ってみせると決心いたしました」という心境に至ったとつづっていた。

それだけに、今回の逮捕をファンは大変動揺しているようだ。

フェイスブックの「CHAGE and ASKA」のページには

「非常に悲しく、残念です」「すごく悔しい」「裏切られた」などの声があふれた。



同10月、勝手に「週刊文春」の取材に応じ、暴力団との関わりを認めたASKA容疑者に対し、

所属事務所は活動自粛を発表した。








chage&aska.jpg

2009年に活動を休止した「CHAGE and ASKA」は昨年1月、

6年ぶりの活動再開を発表。

8月に東京・国立代々木競技場第1体育館で公演を予定していたが、

6月にASKA容疑者に一過性脳虚血症の疑いがあるとして活動休止を発表。

公演は延期になっていた。







chage.jpg

ASKA容疑者が逮捕されたことを受け、

デュオを組むCHAGE(56)は公式サイトを通じてコメントを発表。

「まだ頭の整理がつかない」とショックの大きさを物語った。



CHAGEは自身のラジオ番組に出演した際、

「1日でも早く元気なASKAに戻ってほしいと思いますし、

体調が回復するまでもちろん僕は待っています」とコメントしていた。

ASKA容疑者を心配していただけに、今回の件での落胆ぶりは計り知れないだろう。





わたしはチャゲ&飛鳥世代ではないものの、

デビュー曲の「ひとり咲き」が大好きで、カラオケでもよく歌っていました。

本当に残念ですね。





トレンドニュース ブログランキングへ


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。