So-net無料ブログ作成
検索選択

TM NETWORK木根尚登、ギター弾けなかった…影武者はB'z松本だった!!

木根尚登.jpg

小室哲哉率いるTM NETWORKのギター担当・木根尚登が

28日夜に放送されたバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」に出演。

デビュー3年後にブレークのきっかけとなったTM初期の代表曲「Get Wild」ではギターを弾かず、

弾いているフリだけの”エアギター”だったことを告白した!!




TM-NETWORK.jpg

TM NETWORKは、小室哲哉(キーボード)、宇都宮隆(ボーカル)、木根尚登(ギター)の

3人で構成される音楽ユニットだ。

1984年にデビュー。

その後、デビュー10年目となる1994年に「プロジェクト終了」宣言したが、

1999年には再びTM NETWORKとして再始動し、2014年にデビュー30周年を迎えた。









▼さらなる衝撃事実!!

B'z 松本.jpg

「Get Wild」で木根のかわりに“影武者”を務めたのが、

当時サポートミュージシャンとして参加していたB’zの松本孝弘だったという。

木根は全く悪びれる素振りも見せず、「アルバムのレコーディングとかも…」と明かし、

松本がB’zでデビューする前の「4、5年」にわたり、木根の“影武者”をやっていたことを打ち明けた。



当初はキーボード系担当だった木根。

TM NETWORK結成にあたり、小室が、グループに2人のキーボード奏者はいらないと判断。

木根に「なんか、ギター弾いてたよね。エレキ(ギター)弾きなよ」と軽く指示したそう。

「アコースティックギターしか弾いたことがない…」と不安げな木根に、

「音出さなきゃ大丈夫だよ」とささやいたという。

木根は同曲のミュージックビデオで、ギターを手に、軽やかに踊りながら演奏している”フリ”をしている。笑



「松本くんがいなくなってから一生懸命練習して、弾けるようになった」と笑っていた。



松本がB’z結成前にTMのサポートメンバーをやっていたのは有名な話だが、

メンバーの“影武者”だったとは“衝撃告白”といえそうだ。

そんな簡単に打ち明けてしまって、今頃松本は少々気まずい思いをしているのではないだろうか。笑




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。